就活生必見!おすすめ自己分析ツール4選

みなさん、こんにちは。Airaです!

私のブログの読者さんは大学生が多いので今までにも色々と就活についての記事を書いてきたのですが、今回は就活に役立つ自己分析ツールを3つ紹介しようと思います!

私が実際に就活生だったときに行った自己分析については、こちらの記事で紹介しているので、そちらもぜひチェックしてみてください!

大学3年生で就活を終わらせた私がおすすめする自己分析のやり方

なんで、いきなりこのトピックなのかというと、実はこれから紹介する自己分析ツールを最近もう一度やったんですね。そしたら、なんとなんと、大学生の時の診断結果と異なる結果がでたんです!笑

学生時代はそのツールで2回診断をしたんですけど(大学1年生の時と、3年生の時)、2回とも同じ結果が出たんですね。なので、あぁ、私ってほんとにこのタイプなんだってすごく納得してたんですけど、まさかの社会人になってから診断してみたら違う結果になったという。

面白いな〜って思ったので、そうだブログで紹介しよう!っていうことです。

紹介する4つの自己分析ツールのうち、3つは無料で、1つは有料です。無料のものは今すぐにできるので一度はやって損はないです!就活生だけでなく、新卒1年目の方や色々とキャリアを模索している方にもおすすめなので、少しでも参考になれば嬉しいです。

16パーソナリティー性格診断テスト

16パーソナリティー性格診断テスト(16 Personalities Test)とは

有名なので知ってる方もいると思いますが、60問の質問に答えると16個の性格タイプの中から自分のタイプを診断してくれるという無料の性格診断ツールです。完全無料・登録不要なのですごく気軽に受けられるのがいいところです!

MBTIという方法論がベースになっていて、主に北米で有名な性格分類方です。日本人が血液型で人を判断したり心理テストをするのと同じ様な感覚で、私も大学の友達と雑談してた時に友達と一緒に受けて盛り上がったことがありました。

あくまでも16個の性格の中からそれぞれに当てはまる性格を診断してくれるだけなので、すごく細かく個人個人に合わせた診断をしてくれるわけではないですが、ざっくり自分のタイプや強み、弱みを知りたい方にはおすすめです!

7段階で回答する形式になっていて、直感でぽんぽん答えていくのが大事とされています。無料ツールなので是非試してみてください!

設問数:60問
所要時間:約12分

VIA-IS 24の性格の強み診断

VIA-IS 24の性格の強み診断(VIA Institute on Character)とは

次に紹介するのがVIA診断という無料性格診断ツールです。VIAとはもともと”Values in Action”の頭文字みたいで、個々の性格の強みを診断するツールとなっています。

16パーソナリティ診断では、大まかな性格タイプを診断しましたが、VIA診断ではより自分の強みに重点を置いて分析をしてくれます。具体的には、VIAにおける強みは、「忍耐力」「リーダーシップ」「ユーモア」「堅実さ」など24種類に分類されていて、性格診断を基に自分の強みを強い順から24種類並べてくれます。

よく就活の面接とかでも「あなたの強みを教えてください」などと聞かれることもあると思うので、自分の強みを知るという面ではすごく便利な自己分析ツールです!

VIAストレングスの診断方法

英語がメインのサイトなので、日本語で受ける方法を説明したいと思います。

VIAストレングスのサイトにアクセス

VIAストレングスの公式サイトにアクセスをしたら、“TAKE THE FREE SURVEY”をクリックします。左上の「Language」はまだ変えず、英語のまま進めてください。

VIAストレングスにアカウントを登録する

アカウント登録ページにて、言語設定をEnglishから日本語に変更します。変更しても、まだ英語のままですが、この後の設問が日本語になるので、ここで変更しなければ英語の質問を120問受けないといけないことになります。

マイページにて”TAKE SURVEY”をクリック
大人バージョンか、未成年バージョンかを選択

VIAストレングスは成人と未成年では異なる質問形式になる様なので、成人の方は、VIA Adult Surveyを選択してください。

VIAストレングスの診断画面に到達!

ようやく設問画面に到達しました!みてわかる通り、全ての質問は日本語になっているので安心して進んでください。設問数は120問と16パーソナリティ診断と比べると倍の数ですが、かなり単純な質問ばかりなのであまり深く考えずに直感でサクサク答えていけば15~20分もあれば終わると思います。

120問回答し終わると、24種類の強みを強い順から羅列したレポートを無料でダウンロードすることができます。より詳しい診断結果が知りたい方は有料で、詳細を記載したレポートを購入することもできます!自分の強みの診断をしたい方は是非やってみてください。

質問数:120問
所要時間:約20分

ストレングスファインダー

ストレングスファインダー(クリフストンストレングステスト)とは

次に紹介するのは、自己分析・性格診断の元祖と言っても過言ではないくらい一番有名な、ストレングスファインダーです。アメリカのギャラップ社が開発した、人の「強みの元=才能」を見つけだすツールとなっています。

「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」というストレングスファインダーの開発者の故ドン・クリフトンの考えに基づいて開発されたものです。

2番目に紹介したVIAストレングスも強みを診断するものでしたが、VIAが強みを24個に分類している中、ストレングスファインダーでは34個に分類しているため、より細かく性格診断、強みの判断をすることができます。

ストレングスファインダーは有料の自己分析ツールとなっています。34全ての資質を知りたい場合は、5,850円。トップ5の強みを知りたいだけなら、2,340円で受けることができます。

サンプル

最終的にはこのようなレポートをダウンロードすることができます。強みを知れるだけでなく、それぞれの強みに対しA41枚ほどの詳細な説明が書かれています。私は会社の研修の一環で上位5つの強みを診断するストレングスファインダーをやったのですが、このレポートが凄い自分を知るという面で役に立ちました。

2番目に紹介したVIAストレングスでも強みのランキングを知ることができますが、それぞれ3文くらいで説明がかかれているだけなので、レポートの詳細さはさすがストレングスファインダーの方が詳細です。さすが有料ツール!

ストレングスファインダーの診断方法

ストレングスファインダーの診断をするには、3通りの方法があります。

①書籍から:アクセスコード付きの書籍を購入して診断する

②ギャラップ社のサイトで直接アクセスコードを購入して診断する

③専用のアプリをインストールして診断する

アプリを利用した人の口コミを見たのですが、スムーズに行かない部分も人によってはあるみたいなので、書籍を購入するか公式サイトでアクセスコードを購入するのが一番確実かと思います

就活相談サイト キャリセン

最後に紹介するのが、無料で自己分析を手伝ってくれる就活相談サイトのキャリセンです。これは私の友達が利用したことがあるみたいで、おすすめしていたので紹介してみようと思います。

キャリアアドバイザーによる面談が完全無料で受けられるサービスです。私も就活生の時は先輩に紹介してもらった方に定期的に面談をしてもらって、自分の強みや、色んな学生や企業を見てきたアドバイザーだからこそわかる私が向いてそうな会社などを一緒に探していきました。

キャリアアドバイザー、就活エージェントと聞くと、向こうに有利なように進められるのかなと懸念を抱く人もいるかもしれませんが、決してエージェントから勧められた会社を受けなければいけないということはないので、無料でキャリアの相談に乗ってくれる人、くらいな気楽な気持ちで利用してました。

一人で考えていたり、就活生同士で話していても限界があるので、こういったサービスを使うのはすごくおすすめです!特に海外の大学に通っていて、周りに相談できる人がいないとかあればどんどん使うと良いと思います。


以上、4つ自己分析に役に立つツールを紹介してみました。就活生だけでなく、社会人の人にもおすすめなので、是非やってみてください☺︎(学生時代の診断結果と変わるのが面白い!)少しでも参考になれば嬉しいです。

【おすすめの本】新卒1年目に読んでよかった本5冊