カナダ生活

【カナダ・トロント情報】現地に着いてからやるべきこと10選

みなさん、こんにちは。Airaです!

最近よくカナダでの留学をスタートしたばかりの方や、もうすぐ行きます!という方からDMをいただくことが多く、ようやく少しずつ留学が解禁されてきたんだなと嬉しくなります!今回はカナダへ長期滞在をする方向けに、カナダについたら最初にやるといいことをいくつかご紹介しようと思います。

カナダは広く、州によっても色々制度が異なるので、今回はトロント編を紹介していきます!

1. 家を決める

住む場所をトロントに来てから決めるという方は少ないと思いますが、まず大事なのは家探しですよね。空港の入国審査やVISAの手続きをする際にも住所を確認されますし、銀行口座などの手続きもできません。

たまに入国してから1~2週間の間は住む場所が決まっているけど、それ以降は現地に着いてから決めるという方を見かけるのですが、住む場所は事前にしっかりと決めておくことをおすすめします。

トロントのダウンタウンエリアで家探しをする際は以下の記事も参考にチェックしてみてください☺︎

2. 在留届の提出

住所が定まったら「在留届」を提出しましょう!海外に3ヶ月以上滞在する日本人は提出が義務付けられています。登録をすると緊急時の安否確認をスムーズに行えたり、最近だとコロナ関連の最新情報をメールなどで受け取ることができます。

詳しくは以下のカナダ大使館からの抜粋を参考に!

・万一、あなたが海外で事件、事故、災害等に遭ったとき、安否の確認、緊急連絡、救援活動、留守宅への連絡が即座に可能となります。

・在外公館で、円滑な領事サービス(パスポートの発給申請、戸籍・国籍関係事務、各種の証明事務、在外選挙人登録等)を受けられます。

・在留邦人の教育、医療、安全等の施策を政府が検討する際の、基礎的資料となります。(例えば、海外の義務教育年齢子女への日本の教科書の無料配布必要部数等は、毎年「在留届」を基に算出されます。)

カナダ大使館

※3か月以内の滞在予定の方は、現地の最新安全情報や緊急事態発生時の連絡を受け取ることができる『たびレジ』に登録しましょう!

在留届、たびレジへの登録はこちらから

3. 銀行口座の開設

まあまあめんどくさい作業という印象がありますが、各支店の窓口に行けばよっぽどのことがなければその日のうちに口座開設の手続きをしてくれるので、留学先についたらなるべく早く行うことをおすすめします。私はトロントに着いた次の日に銀行に行きました!

銀行は色々なプランがあるのですが、学校や家の近くに支店やATMがある銀行を選ぶのも大事だと思います。

加えて、銀行のアプリを入れておくのもおすすめします!というのも、例えば友達とご飯にいって割り勘となったときに、日本ではPaypayとかLINE Payなどを使うのが主流だと思うんですけど、向こうの人は銀行のアプリからe-transferといって、友達の口座に送金するのが主流なんです。Paypay同様、電話番号かメールアドレスをいれるだけで送金できるので簡単ですし、ほとんどの学生プランは振り込み手数料も無料なんです!ほんと便利!

カナダの主要銀行

  • Royal Bank of Canada (RBC)
    国内シェア1位。私はRBCの口座維持費、振り込み手数料やATM手数料などが無料の学生プランを使っていました。学生ビザを持っている方にはおすすめなプランです。
  • TD Canada Trust
    国内シェア2位。日本語のホームページがあったり、バンクーバーには日本語窓口がある様で、口座開設やその後のサポートを英語で行うことが不安な方にはおすすめです。
  • Scotiabank
    国内シェア3位。学生プラン以外はどのプランにも維持費がかかります。
  • Bank of Montreal (BMO)
    BMOはワーホリの方でも条件が合えば1年間の口座維持費が無料になる様なので、窓口で相談することをおすすめします!
  • CIBC
    Scotiabankとあまり変わらない印象。

4. 携帯電話の契約

携帯電話の契約も簡単なのですぐに終わらせましょう。もともと日本で使っていた携帯にSIMカードをいれて使うという人が多いと思います!

私も初めは日本で使っていた携帯を使ってたんですけど、大学3年生の時に、iPhone11をカナダで買いました。シャッター音がないというのが最高なので、海外で携帯を買うのも一応おすすめです笑

カナダの主要通信会社

  • Fido
    私はFidoを使ってました!料金に関しては可もなく不可もなくという感じですが、カナダ国外で使う際の追加料金が安いのはよかったです。旅行にたくさん行きたい人にはおすすめ。
  • Bell
  • Rogers
  • Telus
  • Virgin Mobile

カナダの携帯会社の比較についてはこちらの記事で紹介しているのでこちらもぜひ参考にしてみてください!

\合わせて読みたい/

【2022年最新版】カナダの携帯通信会社の料金、口コミを徹底比較!

5. SINの登録

SINとは Social Insurance Numberの略で、社会保険番号と訳されます。

カナダ留学の魅力の1つは、学生ビザ(語学学校留学を除く)やワーホリビザでアルバイトやインターンができるということですよね。

このSINは、カナダ国内で合法的に働くためには必ず必要になるので、アルバイトやインターンの面接に行く前に取得しておきましょう。

たまに、SINの提出が求められないバイト先などもある様ですが、最低賃金さえ支払われなかったり、長時間労働を強いられたりということもある様なので、その様な怪しいところに引っかからない様に注意!

申請の仕方

申請に必要なのは、パスポートと就労許可書(ビザ)の2点のみです。

この2点の書類を持ち、最寄りのService Canadaで申請をすることができます。Service Canadaとは役所の出張所の様な場所です。もちろんダウンタウンのCity Hallにも窓口があります。

窓口で渡された申請書に記入し、名前が呼ばれたら簡単な質問を受け、その場でSINが書かれた書類をもらうことができます。

コロナ禍の注意事項

現在はコロナの影響で、対面での申請が制限されており、オンラインでの申請が可能となっている様です。オンライン申請の場合、申請から10営業日以内に番号が記載された書類が郵送されるみたいです。

オンライン申請はこちらから

6. PRESTOカードの作成

PRESTO(プレスト)はトロント市内で使われるチャージ式の交通カードです!駅のマシーンから購入することができます。

トロントでは、TTC、Go Transit、Union Pearson Express(UP Express)で利用することができます!

  • TTC
    トロントの主要公共交通機関
  • Go Transit
    ダウンタウンエリアと郊外地域間を運行する公共交通機関
  • Union Pearson Express (UP Express)
    Union Stationからピアソン空港までを運行する電車

7. 学生証の作成

言われなくてもという感じだとは思いますが、フルタイムの学生は学生証を早めに作りましょう!入学するとオリエンテーションというのがどの学校にもあると思うんですけど、そこでどの様に学生証を発行してくれるのかなどの説明があるかと思います。学生証があれば、スーパーなどでもディスカウントをしてもらえるので早めに作ることをおすすめします!

8. Ontario Photo Cardの作成

オンタリオフォトカードは、運転免許書を持っていない人のために、身分証明書として発行してもらえるIDです。

なぜIDを持っていた方がいいのかというと、オンタリオ州含め海外はお酒の取り締まりが厳しいので、お酒を買う際に年齢確認を必ずされます。レストランでは年齢確認をされないことも多いですが、若いうちはチェックされると思うのでIDは必須です。

英語で書かれたIDはパスポートくらいしかないと思うのですが、パスポートを持ち歩くのは少しリスキーですよね。なので別にIDを作ると便利です!ちなみに私はこのカードの存在を知らず、4年間パスポートを見せてお酒を買っていました、、今考えると怖いですね笑

発行手数料は35CAD、申請後4~6週間で手元に届きます。

詳しくはこちら

9. Uberの登録

他に日本と違うところを考えてみた時に浮かんだのがUberへの登録!

もちろん?UberEatsの登録も大事ですが、ここでいうUberはタクシーのUberです。はじめはタクシー運転手でもない一般人の車に乗るっていうのに抵抗があるかもしれませんが(私もはじめて1人で乗った時は緊張しました笑)、慣れちゃうと楽すぎです!

Uberのおすすめポイント

  • 住所を説明しなくても目的地に届けてくれる
  • 定期的にクーポンが発行される
  • 遠回りされたり、ぼったくりされるという心配がない
  • 相乗りで乗ればより安く目的地に向かえる

留学し始めの時は、家具や日用雑貨を揃えたりと何かと大荷物で移動しないといけない場面が多いかと思います。タクシーを使った方が便利な時は、ぜひUberを使ってみてください☺︎

10. スタバアプリへの登録

最後にキリのいい10番目ということで、少し番外編ですが、スタバアプリの登録をおすすめします!海外のスタバって日本よりもサイズがそれぞれ一回りくらい大きいんですけど、日本より安いんですね。それに加え、日本よりもポイントが貯めやすい仕組みになっているので、スタバアプリを登録しておくとお得にスタバを楽しむことができます☺︎

何がお得なのか知りたい方は是非下の記事も読んでもらえると嬉しいです!


以上、トロントに着いたらまずやるべきことを10個紹介してみました!

着いたばかりなのに、色々と銀行口座を開設したり、携帯を契約したりとめんどくさいかもしれませんが、なるべく早めに面倒なことを済ませてカナダでの生活を楽しんでください☺︎

  • この記事を書いた人

Aira

トロント大学卒、外資コンサル勤務の社会人1年目です|留学歴5年|日本でIBDP修了|メディア学、統計学、社会学を勉強してました|留学生活、英語、ライフスタイル、日々の葛藤など自由に発信してます

-カナダ生活