高校生の時に綴った「1年間の高校留学を決めた理由」

みなさん、こんにちは。Aira(@cupofaira)です!

高校生のときに書いていたブログに結構真面目に留学を決意した理由を書いている記事を見つけたのでリポストしたいなと思います。

というのも、自分のことは自分が一番知っているとはいえ、年月が経つとその時感じたことや経験したことがどんどん美化されていったり、ストーリーがテンプレ化されたりと、自分では事実だと思って話していても実は少し違うなんてことあるじゃないですか?

こういう時にブログって便利だなって思います。

昔感じたことをその時の感情のまま記録しておける。

ということで、ちょくちょく昔書いた記事もシェアしていこうかなと思います。

私は高校1年生の時にアメリカのオレゴン州に1年間留学をしたのですが、1年間の長期留学をした生徒はクラスで1人、なんならその年では学年で1人でした。3ヶ月とかの短期留学をする人は多かったんですけど、長期留学をする人は珍しく、そんな環境の中でなぜ私が高校留学を決意したのかを高校1年生の私がその時の気持ちを書いているのでぜひみてみてください。

高校留学をしたい、させたいと思っている方の参考になれば嬉しいです。


今から私が留学を決めた理由を書きたいと思います

私が留学を決めた理由には、私が通っていた日本の学校が大きく影響しています。

私が通っていた学校は東京の某私立の中高一貫校でインターナショナルスクールではないのですが、国語や音楽以外の授業を英語で行うというIBプログラム(国際バカロレア)の学校でした。

私はこの学校に中学受験で入りました。

小学校は普通の公立&ゆとり教育だったので全然英語ができない状態でこの学校に入りました。

もちろん最初は全然英語ができなくて、アルファベットをきれいに書くことから始まりました笑

今私は高校1年生でこの学校に3年と半通いました留学が終わった後もその学校に戻ります。

3年と半、ネイティブの先生しかいなく、クラスメイトも帰国子女やハーフなどの英語が話せる子たちという(もちろんみんな日本語はなせます)環境にいて私も英語での日常会話は普通に話せるようになりました。

レポートも英語でかけるし、本も短いのなら1日で読めます。

かなりがんばりました笑

この学校に入った当初の目標は

いい成績をとることと英語で先生と話せるようになる

ということでした。

しかし今、その目標はクリアしました。

私には次の目標が必要でした。

それが留学でした。

私の学校は、そういうプログラムなので、生徒の中には海外の大学に進学を希望している生徒が多いです。

そして卒業生の先輩が海外の大学に進学しているのをみて、私も海外の大学というのに興味をもちはじめました。

そのためにはもっと英語を磨く必要があります…

でも私が留学を決めた理由は単に語学を勉強したいからということではありません。

中3になった瞬間にいきなり将来のことを深く考えるようになりました。

海外の大学に本当に興味を持ったのもそのころでした。

そして私が思ったことは、このままではたぶんだめだということです。

今までの私の世界は学校と家の間みたいなかんじで、学校には沢山国際交流をできるプログラムもあり、海外の大学のセミナーもたくさんあります。

私も実際に中2の時にカナダに学校の研修でいきました。

でもその研修にはもちろん友達がいて、修学旅行が海外って感じなくらいでいろいろ学べたことはあったのですが自分に大きく影響したといったらそうじゃなくて。

お金を払ってくれた親には悪いのですが…

私は自分ひとりで

だれも周りに日本語が話せる人がいない英語の環境に挑戦したくてそしたらなにか新しいものを得られると思ったので留学することを決めました。

そして最後に私にはジャーナリストになるという夢がありました。

しかしその夢もほんとうになりたいのかと自問自答すると絶対になると答えられません。

なりたいものや興味を持つものがどんどん変わっていってしまって自分が将来どうしたいのかがイマイチ把握できていません。

なのでこの留学を通し環境を変えることによって自分が本当にやりたいことを見つけたいと思いました。

なので簡単にまとめると

1.海外の大学に進学するための英語力を身につける

2.広い世界を自分自身で体験したい

3.変化を求めていた

4.将来やりたいことをみつけるため

の4つが私が留学を決めた理由です

なかには英語を学ぶだけのために留学にいくなんて馬鹿げてると思う人もいます。

日本でちゃんと勉強すれば通じる英語は話せるようになるし書けるようにもなる…

でも私は本当の英語を学ぶなら現地にいったほうが絶対に100倍いいと思います。

というかそうです!!!

英語が上達するとともに他国の文化、価値観、考え方の違いを学ぶことができ絶対に英語以外にも得られるものがあります。

オレゴンにきて1ヶ月が経ちますがすでに沢山のことを学びました。

なので私は留学を決めてよかったと心の底から今すでに思えます。

留学をしたいと思っている人、迷っている人少しでも行きたいという気持ちがあるのなら絶対にいったほうがいいです!!

金銭面の問題などは奨学金制度などたくさんあります!!

私も1つ奨学金をもらいました

いろいろ留学するための選択肢はあります。

以上が私が留学を決めた理由でした♡

最後まで読んでくれてありがとうございました!!


いかがだったでしょうか?

私は高校留学を高校1年生の時にしたので、留学準備を始めたのは中学3年生のときでした。中3でここまで自己分析をできているのは我ながら偉いなと思います笑

上にも書いているように中学ではIB(国際バカロレア)プログラムの中学校過程のMYPというプログラムを受けていたのですが、やはり日本の学校のIBで純ジャパが伸ばせる英語力や学力に限度を感じてしまったんですね。

1年間の高校留学では私が派遣?されたオレゴンの高校にはなんと日本人が1人もいなかったんです。同じ地域には私以外にも2人日本人の女の子たちが同じ会社から留学に来ていたんですけど、オレゴンはど田舎(ポートランドじゃないんです笑)なのでどこにいくにも車が必要でその子たちに会うといっても月1くらいであるエージェントのイベントの時だけ。

なので1年間日常会話は全部英語!

これは英語力爆上がりですよね。笑

やはりいくら日本で英才教育ができる時代になったとはいえ、日常会話や普段目にしている言語が日本語だと喋れるようにはなると思うけど、海外大学の授業についていけるような英語力を身に付けるのはなかなか難しいと思います。(個人的な意見ですが)

なので1年間でも高校生の時に留学できて本当によかったと思います。

留学するタイミングは人それぞれだと思いますがぜひ高校留学という選択もあるんだよということが伝われば嬉しいです。


他のSNSもぜひ!

ランキング参加してます!ポチッと押してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

1 Comment

アバター 慶子

はじめまして
秋から、トロント大学入学予定です。コロナの影響で、いつ入国できるのかも分からない状況で、ひたすらビザ許可証がおりるのを待つ毎日です。
許可証がおりても、現在は、3/18以前の許可証でないと入国出来ないため
道のりは遠いです…

またそちらの状況を、ブログから拝見させて頂きたいと思っています。
楽しみにしております!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です