【カナダひきこもり日誌Day3】オンライン授業スタート

トロント大学は昨日から全ての授業がオンラインになりました〜

ファイナル(期末試験)はどうなるの?っていう疑問があったんですけど、それも日曜日かな?に「もう大学にこなくて大丈夫です。テストも全てオンラインでやります」という発表があり、今学期はもう大学で対面の授業、エグザムはないみたいです。

この発表をうけて、もう大学にいなくていいわけですから、何人かの友達は国に帰る準備を初めて、もう今朝帰った子もいますし、日本からの交換留学生たちも続々と帰国準備を始めているみたいです。

大学に来なくていいとはいえ、まだほとんどのクラスはアサイメントやエグザムが通常通りあるんですよね。

仮に今日本に帰ったとしたら、時差の関係でテストとか日本時間の深夜に受けないといけない場合もあるかもしれないのでとりあえず私はあと1ヶ月くらいはトロントに残ると思います。

いやーバッタバタ。

そして今日は始めてのオンライン授業がありました〜

教授によってやり方が違くて、zoomを使って実際に授業をやる教授もいるし、事前に動画を撮ってYouTubeに載せたり、オンライン授業やったことないからわからないっていってスライドだけあげる教授もいたり、、

こんな適当な授業にこんな高い学費を払ってるわけじゃない!って怒ってる生徒もいたけど、まあコロナに感染したくないし、、

私は無事に今学期終わりたいのでとりあえず目の前の課題を1つずつこなしていきます、、

この教授オンラインで授業やったことあるの!?ってくらいに慣れてて面白すぎました笑

I have a magic cup!って言って白いコップを自分の顔にかざして遊ぶ教授。笑

よくわかんないけどCGみたいに背景を変えることができるという笑

Zoomでのオンライン授業を終えての感想。

①ハウリングがすごい。
みんなスピーカーオンにしてるからたまに音声がハウリングを起こして、聞きづらくなる。

②質問はチャット機能で
オンライン授業でどうやって発言とか質問とかするんだろうって思ってたけど、教授が話している時にもチャット機能で自由に発言ができるので、通常の授業よりかは発言の自由がある笑
教授も逐一チャットをみながら授業してくれるのでその辺の融通は通常の授業では効かないので結構良い。

③教授が生徒の顔と声を聞きたいと言い始める笑
この教授はいつも生徒想いで面白い教授なので、みんなの顔が見れないのは悲しい!と言い始めて、こちらと部屋着、すっぴんで授業に挑んでいたのでカメラをオンにすることはできず、”hello”とだけ言ってみました笑

④教授が最後に「いっせーのーせ!We got this!って言うよ!せーの!」っていうのを始める笑
カオス。笑

今回は授業というよりかは今後のことと、まだ1つアサイメントが残っているのでそれについての連絡をされたという感じでした。

まだこのクラスは50人規模の授業なのでzoomもスムーズに言ったけど、一年生のクラスで300人規模とかのはどうするんだろって。

まあなんとかオンライン1日目終了です。

お昼にはカレーを作って元気にやっています。

というか、カナダ政府の対応が早すぎて、カナダやばくね?みたいな雰囲気になってるけど、実際オンタリオ州の感染者は180人とかだし、感染を食い止めたいっていう意図なだけで、カナダが国境封鎖するほど感染者が増えているというわけではないんですよね。

なので今私たちができることは、徹底的に引きこもりをすることです笑

引きこもり生活3日目にしてもう飽きたって友達全員が言ってますけど笑

これから1ヶ月の引きこもり日誌楽しみにしててください笑

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

Noteもぜひ!

note.com

ランキング参加してます!ポチッと押してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です