初めてのグループ面接、しかもオンラインで

この記事は去年の10月に書いた記事です。

初めてグループ面接というものを経験し、しかも、まさかのオンラインで。

ブログに書き残したいけど、果たして面接に守秘義務というのはあるのかと考え、1年寝かしておきました笑多分、時効でしょう。ということで、もし問題ありそうだったら消しますのでどなたか(誰…笑)おしらせください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ボスキャリまであと約1週間…

もういくつかは1次面接をすでに9月とか10月に受けていて、ボスキャリで2次面接や最終面接の案内をいただいている会社もあるんですけど、1週間前でもまだ1次面接をするところもあります。

その会社は私が選考を受けるか迷っていて、3次募集期間で出したので面接が遅いんだと思います。もう少し早くだせばもっと早くに1次面接してくれると思います。

ちょっと今までと違ったので記録用に書きたいと思います。

というのも、一次面接はオンライン面接だったんですけど、まさかのグループ面接だったんですね。

今まで面接を受けた会社は全部1対1の面接だったので、グループ面接!?ってなり、しかもオンラインで!?って。

新しいのか、私が経験したことなかっただけで意外とよくあることなのかも?

わからないです笑

で、とりあえず面接の時間になって、指定されたオンラインミーティングサイトにアクセスしたら私以外に2人就活生がいました。男の子1人と女の子1人。

f:id:ailion0323:20191011050555p:plain
f:id:ailion0323:20191011050545p:plain

あ、こんにちは、、、、っていう謎の時間。笑

まだ面接官もきてないのでほんと謎の時間。

1人は日本の大学の人で、もう1人はアメリカ。

面接官は2人いて、オンライン面接が始まりました。

聞かれたことはいたって普通で、

  • 自己紹介
  • なんでこの業界?
  • なんでうち?
  • 人生での一番の壁とそれを乗り越えた方法

とか。

でも面接官の1人の方が留学経験ある方だったらしくて、途中でいきなり英語の質問が一つありました。日系だと思って油断してました笑

英語でちゃんと自分が勉強していることとか志望理由とかもすぐに言えるように一応準備しておいたほうがいいと思います。

で、最後の質問が少し面白くて

「自分がいけてると思うことを1つ教えてください」

って。

グループ面接って「じゃああなたからどうぞ」みたいに指定された人から話していくんですけど、この質問では私が一番最後に話す番でした。

そしたら一番最初の子が

宝くじがよくあたるなど運が強いです

次の子が

夏休みにニョッキ料理を上手に作る方法を研究していました

        f:id:ailion0323:20191011051101p:plain

2人の話を聞いて自分の番を待っている私。

(心の声)え、そうゆうこと!???!!???笑笑

なんかもっとみんな、課外活動の経験とかインターンの経験とかをいうのかと思ったらまさかのおもしろエピソード。笑

うわー順番最後でよかったーって思いましたね。

多分一番最初だったら普通に学生団体の立ち上げた話とかしてそうだったから。

まあ確かに事前に提出したエントリーシートにそれは書いたし、面接官はそれを見ながら面接してるっぽかったので、わざわざ同じこと言わなくてもいいですもんね。

ということで、私は

宝くじはそんなに当たったことないし

ニョッキよりご飯派なので

高校時代に作ったアート作品が外国人の方に3万円で買っていただけました

って言いました笑笑

たんなる自慢ww

まあそこで、「それはどうゆう作品なの?」「じゃあフォトショもできるの?」と面接官の方が質問してくださったので、まあまあインパクトあったかな?って笑

ameblo.jp (一応その時の記事も貼っておきます笑)

グループ面接って1対1の面接と比べると、あたりまえですけど、1人あたりに使う時間が少ないわけです。だからいかに印象に残る話をするかがキーなんだなって面接終わってから知るという笑

というか、まずそもそも3次募集で出してるって時点で志望度低いって会社側にバレてるわけだから、よりこの子面白い、取りたいって思ってもらえるかが重要だったのかも。

あと、人生の壁っていう問題に対する私の答えが、もう1人の子とほぼ同じで、順番的に私が最初だったからよかったものの、少し変えていかないとなって思いました。

他の就活生たちがどんなエピソードを話しているかって今まで知る術がなかった(サイトとかの例文はたまに見たけど)ので参考になりました。

特にボスキャリにエントリーしてる人たちってみんな留学経験がある人たちなので、「留学」「英語」に関するエピソードはよっぽどインパクトのあるものじゃないと弱いかなって。

留学して英語できなくて友達できなくて、でもこうこう頑張って充実した留学生活を送りましたっていうのは多分10人中4人は確実に言ってそうですからね。

就活面白いです。

いかに自分をアピールするかっていうほんと心理戦。

面接官の表情みて、あ〜刺さってないな〜とか、おっおっ!?(語彙力w)、みたいなのってなんとなくわかりますもんね…

今回の面接は初のグループ面接で緊張していたっていうのを堂々と言い訳に、全然満足のいくものじゃなかったんですけど、すごく勉強になりました!笑

….落ちました。笑 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です